本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

GSブーム絶頂期 野田は歌舞伎町ディスコで支配人を務める

公開日: 更新日:

「野田(義治)さん、もっと怖い人かと思ったら、意外と緻密で世話好きなんですね」

 お笑い関連ライブ・プロデューサー、放送作家の山中伊知郎が語り出した。

 彼は個人で出版社・山中企画を設立し、ユニークな著者を起用して幾つもの書き下ろし本を世に出してきた。

 浅草芸人チャンス青木の半生だったり、グループサウンズ(GS)第3世代のオリーブのマミーとザ・ラヴのユウジが書いた本、といったカルト過ぎる本ばかりで、「僕は人の運に恵まれているけど、本が当たらない(笑い)」という結果なわけである。

 その山中伊知郎が「今度こそ売れるはずです」と自信をもって世に問うのが、「タブレット純のGS聖地純礼」。

「ほんとに今度は売れてもらわないと困るんです。売れるようにタブレット純をかましました(笑い)。彼はGSに詳しいんで、タイガースが住んでいた西成のアパートの空き地に行ったりしてるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  8. 8

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    体重60キロ説まで…日テレ水卜アナを襲う“リバウンド地獄”

もっと見る