猿山秀人
著者のコラム一覧
猿山秀人フォトグラファー

1985年5月14日生まれ。2013年よりコスプレイヤーさんの作品撮影を始め、コミケ・コスホリを中心とした同人作品の写真集を多数制作。現在、埼玉県西浦和に自分のスタジオを設立し、アパレルブランドの衣装撮影、イベント・LIVE撮影、モデルの作品撮影を中心に活動中。 毎年4月と10月に自身が主催となっている、フェティッシュ作品の合同展「エイチ展」を運営している。

大河ももの下着グラビア第3弾 透明感がハンパじゃない!

公開日: 更新日:

 お疲れ気味の週末に元気をお届けする週末グラビア。猿山秀人カメラマンによる撮り下ろし連載です!

 今週は「フェチ感たっぷりで癒し系コスプレイヤー」の大河ももさんの第3弾。ツイッターのフォロワーは12万人超えで、セーターを着用した自撮り写真をアップしただけで“5000いいね”が付くほどの人気者。しかもそれがネットニュースで取り上げられるんだから、注目度もすこぶる高い。

 撮影した猿山カメラマンは、「大河ももさんはとにかく明るく気遣いができて、距離を詰めるのが上手い。被写体としてどんな環境でもどんな要求でも物怖じせず、全力で期待に応えようとしてくれます。本当に魅力的なモデルさん」と絶賛。特技の柔軟で生み出される抜群のスタイルの下着グラビアをお見逃しなく!

【写真】垂涎の未公開カットはコチラ!(9枚)

▽大河もも

「フェチ感たっぷりで癒し系コスプレイヤー」趣味は食べることと旅行。特技は柔軟。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る