猿山秀人
著者のコラム一覧
猿山秀人フォトグラファー

1985年5月14日生まれ。2013年よりコスプレイヤーさんの作品撮影を始め、コミケ・コスホリを中心とした同人作品の写真集を多数制作。現在、埼玉県西浦和に自分のスタジオを設立し、アパレルブランドの衣装撮影、イベント・LIVE撮影、モデルの作品撮影を中心に活動中。 毎年4月と10月に自身が主催となっている、フェティッシュ作品の合同展「エイチ展」を運営している。

大河もも第2弾 美肌がまぶしいお風呂グラビアを見逃すな!

公開日: 更新日:

 お疲れ気味の週末に元気をお届けする週末グラビア。猿山秀人カメラマンによる撮り下ろし連載!
 
 今週は「フェチ感たっぷりで癒し系コスプレイヤー」の大河ももさんの第2弾。ツイッターのフォロワーは12万人超えで、セーターを着用した自撮り写真をアップしただけで5千良いねが付き、ネットニュースになる大人気。

 今回はお風呂で撮影した美肌に水が滴る色っぽさ満点のグラビアです。特技の柔軟で生み出される抜群のスタイルをお見逃しなく!

【写真】垂涎の未公開カットはコチラ!(11枚)

▽大河もも

「フェチ感たっぷりで癒し系コスプレイヤー」趣味は食べることと旅行。特技は柔軟。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る