ビジネスリーダーなら見習いたい「高倉健」という生き方

公開日: 更新日:

 銀幕のスターとして数々の名作に出演した高倉健(享年83)。彼の生きざまはビジネスマンも参考にできるところがある。

 健さんの人生で大きな転機となったのがやくざ映画からの脱皮だった。「網走番外地」「昭和残侠伝」などで人気を博し、任侠映画界の立役者となったが、70年代後半、任侠路線と縁を絶って新しい道を歩み始めた。その象徴的な作品が46歳で出演した「幸福の黄色いハンカチ」(77年)だ。刑務所を出所した男が妻を訪ねるロードムービー。当時、ファンの間で「高倉健がやくざ映画に出ないのはけしからん」との声が起きた。「私もそのひとりでした」と言うのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。

「映画界への裏切りと思えたのです。しかし健さんはやくざ映画の時代はもう終わりと読んでいたし、東映との確執もあった。なにより自分の殻を破りたかったのでしょう。彼のすごいところは任侠路線とは違うキャラをつくり、しっかり実績を残したこと。数々の名作を世に送り出しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る