高倉健さん死去に板東英二「あの人は寡黙でもなんでもない」

公開日:  更新日:

 高倉健の訃報を受け、板東英二(74)が報道陣の取材に応じた。「あ・うん」(89年)、「鉄道員(ぽっぽや)」(99年)などいくつもの映画で共演した2人は、プライベートでも親交が深く、手紙や中元をもらう仲。自宅が近所だったことから、高倉が夜に自らインターホンを押して贈り物を届けにくることも少なくなかったという。

 板東が死を知ったのは、昼食を食べているときに偶然目をやったテレビ。「何も言わずに目の前からいなくなるなんて……こんな“卑怯な”お別れをするとは思わなかった。忽然と消えるのは健さんらしくない」と涙ながらに語った。

 高倉といえば、「不器用ですから」というCMのフレーズが有名だが、板東の知る「健さん」の素顔はまったく違うんだとか。

「あの人は寡黙でもなんでもない。何時間でも話します。プライベートな話も。(元妻の)江利チエミさんとの話や東映から脱走した話。やんちゃした話とか。健さんがヤクザ映画に出ていた頃、愛媛の松山へロケに行ったら黒服100人くらいがずらっと一列に並んで『ごくろうさまです!』と言ってきた。『仕事で(ヤクザ役を)やってるんで』と言うと翌日、白のトレパンにシャツ姿の人が100人。そういうことじゃないんだよ! とか……そんなこと延々と話してるんです。ユーモアや洒落が通じて、本当にいい人。野球はちょっとオンチやけど」

 すっかり板東のネタにされて、健さんも天国で苦笑いか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る