物まねメークでブレーク ざわちん支える母直伝技とイジメ

公開日:  更新日:

 新しいタイプのモノマネ芸として、注目を集めている。目元のメークとマスクを使い、「ものまねメークアーティスト」などと呼ばれる女性タレント、ざわちん(21)。元AKB48の板野友美を皮切りに、アメーバブログなどで公開する画像が「そっくり」と大人気になり、桐谷美玲、きゃりーぱみゅぱみゅ、ローラ、沢尻エリカ、浜崎あゆみとレパートリーを広げ、ダウンタウンの松本人志、SMAP、フィギュアスケート金メダリストの羽生結弦と男女を問わず、顔マネを広げている。最近はTVで「ものまねメークマラソン」を披露したほか、本人の素顔も話題に。1月に刊行した自著「ざわちん Make Magic」は約2カ月で売り上げ11万部を突破したという。

 1992年、群馬県太田市出身。母親がフィリピン人で父親が日本人というハーフ。姉と弟がいる。

 ざわちんという芸名は、本名の小澤かおりの名字を板野の愛称である「ともちん」のようにもじったものだという。「ざわ」には地元のショッピングモールを板野のマネをして歩いたところ、周りがざわついた経験もかけられているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る