その後の反響は聞こえず 「アップルウオッチ狂騒曲」はいま

公開日:  更新日:

「腕時計界に革命が起きた」――4月の発売時、大々的にメディアに取り上げられた「アップルウオッチ」。だが、その後の反響はサッパリ聞こえてこない。通常モデルで約4万~13万円台という価格が“敬遠”されたのか、機能がイマイチなのかは分からないが、身に着けている人を見かけるのはマレだ。

 アップルは販売台数を公表していないということだが、米調査会社のまとめによると、4~6月の推計出荷台数は世界で約360万台。同時期に約4750万台も売れた「iPhone」とはケタが違う。最近では、スウォッチ社のハイエクCEOから「面白いおもちゃ」なんて酷評される始末だ。

「確かに一部のユーザーからは『すごい便利』という声がありますが、一方で『iPhoneがないと使えない』『アプリが少ない』といった指摘があるのも事実。多くの人は購入する価値がある商品なのか、そうでないのか様子を見ています。決して安い買い物ではありませんからね。1週間充電不要とか、ダイビング中でも使えるなど目を引く機能がない限り、爆発的な普及は難しいかもしれません」(IT業界関係者)

 秋には新たな基本ソフト(OS)が導入される予定で、今よりも使いやすくなるというが、「革命」はまだ先らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る