• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

その後の反響は聞こえず 「アップルウオッチ狂騒曲」はいま

「腕時計界に革命が起きた」――4月の発売時、大々的にメディアに取り上げられた「アップルウオッチ」。だが、その後の反響はサッパリ聞こえてこない。通常モデルで約4万~13万円台という価格が“敬遠”されたのか、機能がイマイチなのかは分からないが、身に着けている人を見かけるのはマレだ。

 アップルは販売台数を公表していないということだが、米調査会社のまとめによると、4~6月の推計出荷台数は世界で約360万台。同時期に約4750万台も売れた「iPhone」とはケタが違う。最近では、スウォッチ社のハイエクCEOから「面白いおもちゃ」なんて酷評される始末だ。

「確かに一部のユーザーからは『すごい便利』という声がありますが、一方で『iPhoneがないと使えない』『アプリが少ない』といった指摘があるのも事実。多くの人は購入する価値がある商品なのか、そうでないのか様子を見ています。決して安い買い物ではありませんからね。1週間充電不要とか、ダイビング中でも使えるなど目を引く機能がない限り、爆発的な普及は難しいかもしれません」(IT業界関係者)

 秋には新たな基本ソフト(OS)が導入される予定で、今よりも使いやすくなるというが、「革命」はまだ先らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る