物静かな人がハンドル握るとなぜ人格豹変? 専門家に聞く

公開日:

 あおり運転で進路をふさぎ、死亡事故を引き起こした石橋和歩容疑者(25)は、これまでにも危険な運転を繰り返していたという。一般道を走行中に急減速して車の進路をふさいだり、追い越そうとした車を妨害したりと、日常的に交通トラブルを引き起こしていたそうだ。

 父親はテレビ局の取材に対し、「息子はおとなしい性格で、なぜ事故を起こしたのか分からない」と困惑していた。身内の証言なので客観性に欠けるが、普段は物静かなのにハンドルを握ると凶暴になる人は少なからずいる。先日は、追い越されたことに腹を立て、相手の車を追いかけてミラーを割った男も、埼玉県警に逮捕された。マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」に登場する、バイクにまたがった途端に人格が変わる本田速人巡査のようなタイプは多いのだ。

「普段はおとなしい人ほど、シチュエーションが変わると豹変しやすいですね。酒を飲んで暴れるサラリーマンは、勤務中は静かで従順なタイプだったりします。自分を抑えているから、何かのきっかけで発散するわけです」(立正大名誉教授・齊藤勇氏=対人・社会心理学)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る