来春始動「日本版GPS」 受信システムの高コストどう克服

公開日:

 日本版GPSの実現を目指した衛星「みちびき」4号機の打ち上げが成功し、来年4月からの測位データの本格提供に向けた体制が整った。みちびきが発する信号でセンチ単位の精密な測位が可能となり、これまでの米国のGPSだけに頼る場合に比べ、車の自動運転などで精度が格段に高まる。産業界はこれを商機と捉え、活用へ準備を進めている。

 人手不足などが深刻な農業分野でも期待が高まる。6月に自動運転トラクターの試験販売を始めたクボタ(大阪市浪速区)はこう言う。

「自動運転トラクターはGPSで位置を把握して動きます。現在は有人監視が前提ですが、自分で1台を運転しつつ、もう1台の自動運転を監視すれば、1人で2台動かせます。高い精度の日本版GPSには期待していますが、普及して受信システムのコストが下がればと思っています」(広報室担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る