来春始動「日本版GPS」 受信システムの高コストどう克服

公開日:

 日本版GPSの実現を目指した衛星「みちびき」4号機の打ち上げが成功し、来年4月からの測位データの本格提供に向けた体制が整った。みちびきが発する信号でセンチ単位の精密な測位が可能となり、これまでの米国のGPSだけに頼る場合に比べ、車の自動運転などで精度が格段に高まる。産業界はこれを商機と捉え、活用へ準備を進めている。

 人手不足などが深刻な農業分野でも期待が高まる。6月に自動運転トラクターの試験販売を始めたクボタ(大阪市浪速区)はこう言う。

「自動運転トラクターはGPSで位置を把握して動きます。現在は有人監視が前提ですが、自分で1台を運転しつつ、もう1台の自動運転を監視すれば、1人で2台動かせます。高い精度の日本版GPSには期待していますが、普及して受信システムのコストが下がればと思っています」(広報室担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る