• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

30代は女性のほうが狂暴 DV妻の特徴と対策を専門家が解説

「このハゲー」と男性秘書に暴言を吐いた上、仕事のミスをミュージカル調に罵った豊田真由子前代議士(43)のパワハラは常軌を逸していたが、男性にDVをはたらく女性は増えているらしい。

 日本労働組合総連合会が昨年11月16日に発表した「ハラスメントと暴力に関する実態調査」によると、配偶者から暴力を受けたことがある人は31.6%。男女別では、女性が37.1%で男性が26.1%と被害者は女性が多いが、年齢で分けると、30代は男女比が逆転。男性被害者は、女性より2.7ポイント高い38.1%だ。

 身体的暴力、心理的攻撃、経済的圧迫、性的強要とDVの種類を問わず、30代男性は女性より暴力を受ける割合が高い。そんな傾向を受けてか、23日放送の「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)も、キレる妻を特集している。

「DV妻は、ヒステリータイプとは違います。パッと見は穏やかです」と言うのは、男女問題研究家の山崎世美子氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事