ハリウッド顔負け 日本芸能界セクハラ&パワハラ驚愕実態

公開日:

 米ハリウッド発のセクハラ騒動が日本の芸能界にまで波及している。

 映画「恋におちたシェイクスピア」などで知られる大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏(65)がこのほど、アカデミー賞の主催で知られる映画芸術科学アカデミーから会員資格を剥奪されたことでハリウッドは大騒ぎだ。

 現地報道などによると、ワインスタイン氏は疑惑を否定しているが、同氏のセクハラは関係者の間では「公然の秘密」。今回の措置はアンジェリーナ・ジョリーら大物女優が相次いで被害証言をしたことが決定打となったもようで、これは映画界からの追放を意味し、米メディアは「前例のない厳しい措置」としている。

■グラビア撮影で「キスの儀式」

 成功を夢見る女優に職権を乱用してセクハラ三昧とは許しがたい所業だが、これは日本の芸能界にとっても対岸の火事じゃないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る