「元気印」とは別の能力が…体育会系新人に求められるもの

公開日: 更新日:

 ここ数年、企業の採用担当者の間で、大学の運動部出身の学生が見直されている。それは、彼らの多くが、目標に向かって逆算して計画的に行動する訓練に慣れているからだという。

 20年余りのサラリーマン経験がある現代社会総合研究所理事長の松野弘氏がこう言う。

「運動部出身の学生は、1年後や2年後など大きな大会に向け自分で目標を立て、そのためにいま何をすればいいかを自覚してトレーニングを積み、練習に励みます。それをできる人が記録を伸ばし、チームの勝利に貢献するのです。学生時代から戦略的にモノを考え、実行に移しているという意味では、ビジネスの世界に通じる部分があると思います」

 ラグビー日本代表の福岡堅樹選手は、W杯ベスト8進出を決めた直後、こう喜びを表現した。「この時のため、全ての時間を犠牲にしてきた。この勝利のために頑張ってきた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る