「元気印」とは別の能力が…体育会系新人に求められるもの

公開日: 更新日:

 ここ数年、企業の採用担当者の間で、大学の運動部出身の学生が見直されている。それは、彼らの多くが、目標に向かって逆算して計画的に行動する訓練に慣れているからだという。

 20年余りのサラリーマン経験がある現代社会総合研究所理事長の松野弘氏がこう言う。

「運動部出身の学生は、1年後や2年後など大きな大会に向け自分で目標を立て、そのためにいま何をすればいいかを自覚してトレーニングを積み、練習に励みます。それをできる人が記録を伸ばし、チームの勝利に貢献するのです。学生時代から戦略的にモノを考え、実行に移しているという意味では、ビジネスの世界に通じる部分があると思います」

 ラグビー日本代表の福岡堅樹選手は、W杯ベスト8進出を決めた直後、こう喜びを表現した。「この時のため、全ての時間を犠牲にしてきた。この勝利のために頑張ってきた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る