池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

大きめサイズは老け見えに…ストレッチ素材でスッキリと

公開日: 更新日:

 中高年にとって、大きめサイズの服をゆったりと着るほうが、体が動きやすくて快適だと思っていないだろうか。

 実は、これが「老け見え」の原因だ。ぴったりと体に張り付くTシャツよりもふわりと羽織れるネルシャツ、MサイズのジャケットよりLサイズのジャケットを選んでしまう気持ちは分かるが、素材を見直すことで快適でおしゃれに服が着られるようになる。 

 コットンやウール、ナイロンなど一般的なシャツやアウターに使われる素材は、どれも伸縮性に乏しく、動いたときに各部が突っ張るように感じられるはずだ。

 これが着心地の悪さの理由のひとつだ。たとえば綿素材のズボンははくときからして足入れがスムーズではなく、座るときに膝や腰が突っ張り、思わず「ヨッコラショ」と、声が出てしまうが、下着やセーターなど伸縮性のある素材を使った服ならラクに着ることができるように、レザーのライダーズなど硬くて重くて、今では「タンスの肥やし」になっているか断捨離してしまったような服も、伸縮する軽い素材なら若い頃のように着てみたいと思うのでは? 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る