新型コロナ大不況が4月に家計を直撃 値上げ相次ぎ収入も減

公開日: 更新日:

 新型コロナのパンデミックが加速し、いよいよ日本は大不況に突入しつつある。景気の悪化は数字にも表れはじめた。

 3月の全国の百貨店の売り上げは前年同月比4割減と過去最大の落ち込みになる見通しだ。日本政策金融公庫に寄せられた中小企業の相談件数は22日時点で約9万1000件と15日時点から2・5倍に急増。コロナ倒産はすでに12件も発生している。

 最悪なのは、4月以降、家計を直撃する「値上げ」と「収入減」が相次ぐことだ。すでに、銀行の手数料や25都道府県のタクシーは値上げされている。

 来月からは、日清オイリオの食用油や、日本郵便の「クリックポスト」などがアップ。また、紹介状なしの初診料の割り増し対象が拡大するなど医療費の負担も増える。

 さらに、収入減も襲ってくる。「働き方改革」によって、4月から中小企業にも残業時間の上限規制が適用されるからだ。残業代が少なくなり、手取り減は必至だ。中小企業で働く労働者は、全就業者の7割を占めるから、多くのサラリーマンが収入減となる可能性がある。コロナ対応で急速に広がっているテレワークによって、残業代が減るケースもありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  4. 4

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る