柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。城西国際大学院国際アドミニストレーション研究科准教授。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

不安定な時代だからこそ「倹約」を 細かい出費も工夫する

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスにより街から人が消えたゴースト現象は、将来の日本を見ているようです。人口減少で買い物も減り、多くの店は必要なくなります。

「予定通り東京五輪が開催されて、少し経済が回復したとしても、借金を返せば終わりです。利益は残りません」と日本料理店を始めたばかりの葛城武郎さん(仮名・67歳)は嘆きます。五輪が延期されたら、場合によっては倒産するかもしれません。

 高齢者が人口の3分の1になる5年後からゴースト化は進みます。今回のような新型のウイルスが発生すれば、高齢者が増加した分だけ死亡者も増え、災害が起きれば、車椅子や足腰が悪い高齢者は逃げ遅れます。

 トイレットペーパーの買い出しも遅れ、ネットスーパーは品不足です。不便な生活を強いられます。

 高齢者になっていく私も他人事ではありません。給料が増えず非正社員が増加し続けている不安定な時代の災害は、さらに追い打ちをかけます。こんな時こそ、もう一度倹約を思い出してみましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る