意見書を都に持参した「禁煙派」松沢成文参院議員

公開日: 更新日:

 東京都の受動喫煙防止対策検討会5回目が開催される10日前の3月20日。ひとりの国会議員が都庁を訪れた。松沢成文参院議員だ。神奈川県知事時代に「受動喫煙防止条例」を制定した当事者である。松沢氏はA4紙4ページからなる「意見書」を検討会の事務局に、自ら届けに来たのだった。意見書はその後、座長や各委員のもとに送られた。

 いったい、どんな内容なのか。意見書は冒頭で「昨年11月には座長に検討会での意見陳述の機会を求める手紙を出したがいまだに返事がない。次回、結論が出されるとのことなので、座長案に対する意見という形で筆を取った」(要旨)と提出の経緯を記している。そして、座長案が指摘した「地域的特性」「条例制定権の限界」という条例化を困難とする理由について、「東京都は日本一受動喫煙の害を被りやすい地域である」「厚労省の見解や神奈川県の検討結果に鑑みれば条例制定権の限界を超えている可能性は極めて低いと断言できます」などと、真っ向から否定。そのうえで、こう結論付けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  9. 9

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る