対策検討会 最後に異例の展開で結論持ち越し

公開日:  更新日:

 春の嵐が吹き荒れた。東京都の受動喫煙防止対策検討会である。3月30日、都内で5回目の会合が開かれた。本来なら、この日が最終回で、都への提言をまとめることになっていた。報道陣はいつもの2倍以上。関心の高さをうかがわせた。その舞台で、条例化=全面禁煙を求める強硬派が、座長案に異論を立て続けに表明し、結論は持ち越し。再度、検討会を開催するという波乱の展開になったのである。

 会は冒頭から異様な雰囲気だった。医療系の委員が「(検討会の)取りまとめは知事、事務局、議会がどのように取り扱うのか。結論の責任は知事にあるのか」と事務局に問いただす。嵐の前兆だった。その後、事務局がまとめた「議論のまとめ」の文面や座長案に、強硬派から異論が相次いだ。

「まとめ」は過去4回の意見を集約したもの。座長案は「国に規制を働きかけるとともに、現行のガイドラインに基づく対策を強化する。工程表を提示する」といった提言内容だ。前回、座長が取りまとめ案を説明し、提言については委員たちも大筋では了承。そのため「条例化先送り」といったムードになっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る