• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

対策検討会 最後に異例の展開で結論持ち越し

 春の嵐が吹き荒れた。東京都の受動喫煙防止対策検討会である。3月30日、都内で5回目の会合が開かれた。本来なら、この日が最終回で、都への提言をまとめることになっていた。報道陣はいつもの2倍以上。関心の高さをうかがわせた。その舞台で、条例化=全面禁煙を求める強硬派が、座長案に異論を立て続けに表明し、結論は持ち越し。再度、検討会を開催するという波乱の展開になったのである。

 会は冒頭から異様な雰囲気だった。医療系の委員が「(検討会の)取りまとめは知事、事務局、議会がどのように取り扱うのか。結論の責任は知事にあるのか」と事務局に問いただす。嵐の前兆だった。その後、事務局がまとめた「議論のまとめ」の文面や座長案に、強硬派から異論が相次いだ。

「まとめ」は過去4回の意見を集約したもの。座長案は「国に規制を働きかけるとともに、現行のガイドラインに基づく対策を強化する。工程表を提示する」といった提言内容だ。前回、座長が取りまとめ案を説明し、提言については委員たちも大筋では了承。そのため「条例化先送り」といったムードになっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る