対策検討会 最後に異例の展開で結論持ち越し

公開日:  更新日:

 春の嵐が吹き荒れた。東京都の受動喫煙防止対策検討会である。3月30日、都内で5回目の会合が開かれた。本来なら、この日が最終回で、都への提言をまとめることになっていた。報道陣はいつもの2倍以上。関心の高さをうかがわせた。その舞台で、条例化=全面禁煙を求める強硬派が、座長案に異論を立て続けに表明し、結論は持ち越し。再度、検討会を開催するという波乱の展開になったのである。

 会は冒頭から異様な雰囲気だった。医療系の委員が「(検討会の)取りまとめは知事、事務局、議会がどのように取り扱うのか。結論の責任は知事にあるのか」と事務局に問いただす。嵐の前兆だった。その後、事務局がまとめた「議論のまとめ」の文面や座長案に、強硬派から異論が相次いだ。

「まとめ」は過去4回の意見を集約したもの。座長案は「国に規制を働きかけるとともに、現行のガイドラインに基づく対策を強化する。工程表を提示する」といった提言内容だ。前回、座長が取りまとめ案を説明し、提言については委員たちも大筋では了承。そのため「条例化先送り」といったムードになっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る