• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト加来耕三さん<上>7.15強行採決で日本は戦前に戻りましたね

 ゲストは、歴史家で作家の加来耕三さん。明快な語り口で歴史の真相をひもといてくれる加来さんに、魅了されるファンは多い。著作活動、テレビ出演に加え、全国各地での講演と超多忙な日々を送っている。その一方で古流剣術「東軍流」第十七代宗家としての顔も。今回の対談では、今の日本の社会状況、国民性などについてとことん語ってもらった。

二木 BS朝日の「円楽の大江戸なんでも番付」という番組で解説者として出演され、江戸時代の庶民生活の真実を解説されています。町人の暮らしはどうだったのでしょうか。

加来 当時は江戸の半分の土地に50万人の武士が住み、4分の1の土地に70万人の町人が暮らしていました。町人の人口密度は1平方キロ当たり5万人。超過密状態です。壁の薄い裏長屋での暮らしの中で、たまったストレスのはけ口となったのが祭りや行楽でした。そういう社会の中で、町人の間から葛飾北斎や喜多川歌麿の絵に代表される文化が生まれ、そこに武士が乗っていったのです。下から上に文化が広まった形ですね。寿司や天ぷらも町人文化の産物です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る