• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

続・公開ヒアリングという名のセレモニー<上>

 受動喫煙防止対策の法制化に向けた政府の対策強化ワーキンググループ公開ヒアリング2回目が11月16日、都内で行われた。この日は午前9時から12時20分までの3時間20分に13団体が意見を表明し、質疑応答を行うという慌ただしさだった。1団体の意見表明は5分程度、質疑応答を入れても10分程度という“やっつけ仕事”。あまりにも拙速である。

 参加したのは焼き肉、パチンコ、鉄道、ホテル、生活衛生(飲食、社交など)、たばこ販売・耕作、商工会議所、経団連、連合、そして日本医師会をはじめとする医療系各団体など。前回同様、厚労省のたたき台についての賛否は分かれ、さまざまな要望が出された。

 反対論のなかで多く出されたのが「一律規制」への疑問の声である。市場規模23兆円、1万1310店舗という日本遊技関連事業組合は「遊戯参加者の43%が喫煙者。風俗営業法による規制もあり、一般サービス業と同じように適用されると極めて影響が大きい。フロア分煙など多様な施策、環境整備のための十分な準備期間をいただきたい」と要望。たばこ販売・耕作団体は「喫煙室を設置できる事業者は限られている。たたき台は行き過ぎではないかと思う」と主張した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る