続・公開ヒアリングという名のセレモニー<上>

公開日:

 受動喫煙防止対策の法制化に向けた政府の対策強化ワーキンググループ公開ヒアリング2回目が11月16日、都内で行われた。この日は午前9時から12時20分までの3時間20分に13団体が意見を表明し、質疑応答を行うという慌ただしさだった。1団体の意見表明は5分程度、質疑応答を入れても10分程度という“やっつけ仕事”。あまりにも拙速である。

 参加したのは焼き肉、パチンコ、鉄道、ホテル、生活衛生(飲食、社交など)、たばこ販売・耕作、商工会議所、経団連、連合、そして日本医師会をはじめとする医療系各団体など。前回同様、厚労省のたたき台についての賛否は分かれ、さまざまな要望が出された。

 反対論のなかで多く出されたのが「一律規制」への疑問の声である。市場規模23兆円、1万1310店舗という日本遊技関連事業組合は「遊戯参加者の43%が喫煙者。風俗営業法による規制もあり、一般サービス業と同じように適用されると極めて影響が大きい。フロア分煙など多様な施策、環境整備のための十分な準備期間をいただきたい」と要望。たばこ販売・耕作団体は「喫煙室を設置できる事業者は限られている。たたき台は行き過ぎではないかと思う」と主張した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る