続・公開ヒアリングという名のセレモニー<上>

公開日:

 受動喫煙防止対策の法制化に向けた政府の対策強化ワーキンググループ公開ヒアリング2回目が11月16日、都内で行われた。この日は午前9時から12時20分までの3時間20分に13団体が意見を表明し、質疑応答を行うという慌ただしさだった。1団体の意見表明は5分程度、質疑応答を入れても10分程度という“やっつけ仕事”。あまりにも拙速である。

 参加したのは焼き肉、パチンコ、鉄道、ホテル、生活衛生(飲食、社交など)、たばこ販売・耕作、商工会議所、経団連、連合、そして日本医師会をはじめとする医療系各団体など。前回同様、厚労省のたたき台についての賛否は分かれ、さまざまな要望が出された。

 反対論のなかで多く出されたのが「一律規制」への疑問の声である。市場規模23兆円、1万1310店舗という日本遊技関連事業組合は「遊戯参加者の43%が喫煙者。風俗営業法による規制もあり、一般サービス業と同じように適用されると極めて影響が大きい。フロア分煙など多様な施策、環境整備のための十分な準備期間をいただきたい」と要望。たばこ販売・耕作団体は「喫煙室を設置できる事業者は限られている。たたき台は行き過ぎではないかと思う」と主張した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る