受動喫煙防止対策 法案提出めぐる混乱の内情<1>

公開日: 更新日:

「強硬厚労省」と「反発自民」対立構図の裏側

 たばこ規制に躍起の厚生労働省が今国会での提出――成立をもくろむ受動喫煙防止対策規制強化の健康増進法改正法案。6月の会期末まで2カ月を切ったいまも自民党内の了承を得られず、閣議決定―国会提出のメドさえ立たない状況が続いている。

 所管大臣の塩崎恭久厚労相は11日の閣議後の会見で「そろそろ厚労省の考え方をご説明する機会をいただきたい。一度もしていないのでしっかり開いてもらいたい」と、身内の自民党が足を引っ張っているかのような発言をした。これを受け大手メディアは「自民、厚労省案認めず 対策後退必至」「受動喫煙防止難航 厚労省案に自民議連反発」と、厚労省サイドを援護射撃するかのような記事を流している。

 なぜ、こうも事態がこじれてしまったのか。一連の経緯を振り返ってみよう。発端は2月8日に大手紙が報じた「受動喫煙対策法案」の原案を報じた記事だった。「飲食店原則禁煙に例外」「30平方メートル以下のバー・スナックなど」と、その後、明らかになる厚労省案を先んじて報じたのである。これを皮切りに各社が同様の報道を続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  3. 3

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  4. 4

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  5. 5

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  6. 6

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  7. 7

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  8. 8

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  9. 9

    白石麻衣「写真集37万部」の凄さ アイドルでは実質歴代2位

  10. 10

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る