受動喫煙防止対策 法案提出めぐる混乱の内情<1>

公開日:

「強硬厚労省」と「反発自民」対立構図の裏側

 たばこ規制に躍起の厚生労働省が今国会での提出――成立をもくろむ受動喫煙防止対策規制強化の健康増進法改正法案。6月の会期末まで2カ月を切ったいまも自民党内の了承を得られず、閣議決定―国会提出のメドさえ立たない状況が続いている。

 所管大臣の塩崎恭久厚労相は11日の閣議後の会見で「そろそろ厚労省の考え方をご説明する機会をいただきたい。一度もしていないのでしっかり開いてもらいたい」と、身内の自民党が足を引っ張っているかのような発言をした。これを受け大手メディアは「自民、厚労省案認めず 対策後退必至」「受動喫煙防止難航 厚労省案に自民議連反発」と、厚労省サイドを援護射撃するかのような記事を流している。

 なぜ、こうも事態がこじれてしまったのか。一連の経緯を振り返ってみよう。発端は2月8日に大手紙が報じた「受動喫煙対策法案」の原案を報じた記事だった。「飲食店原則禁煙に例外」「30平方メートル以下のバー・スナックなど」と、その後、明らかになる厚労省案を先んじて報じたのである。これを皮切りに各社が同様の報道を続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る