12月10日以降に22社が新規上場「IPO祭り」で買うべき銘柄

公開日: 更新日:

 株式市場は年末に向け盛り上がっている。「年内の日経平均2万5000円も視野に入ってきた」(株式評論家の倉多慎之助氏)との声も飛び出した。

 好調相場を一段と加速させそうなのが、今月10日からスタートする「IPO(新規上場)祭り」だ。

 10日は天気予報サイト「tenki.jp」を運営するALiNKインターネットと、金属製管継手などを製造販売するテクノフレックスが上場。この日から連日のようにIPOは続き、今月末までに22社が株式市場にお目見えする。

「今年は87社が新規上場の予定ですが、12月は2日に名証セントレックスに上場した名南M&Aを含め23社に上ります。相場全体が活気づいているだけにIPOも期待が持てるでしょう」(市場関係者)

 10月29日にマザーズへ上場した人材紹介サービスのジェイックの初値は公開価格(4750円)の約2.2倍(1万320円)をつけた。3月上場の医療情報プラットフォームサービスのウェルビーの初値は何と公開価格(5200円)の約3.5倍(1万8030円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る