12月10日以降に22社が新規上場「IPO祭り」で買うべき銘柄

公開日: 更新日:

 株式市場は年末に向け盛り上がっている。「年内の日経平均2万5000円も視野に入ってきた」(株式評論家の倉多慎之助氏)との声も飛び出した。

 好調相場を一段と加速させそうなのが、今月10日からスタートする「IPO(新規上場)祭り」だ。

 10日は天気予報サイト「tenki.jp」を運営するALiNKインターネットと、金属製管継手などを製造販売するテクノフレックスが上場。この日から連日のようにIPOは続き、今月末までに22社が株式市場にお目見えする。

「今年は87社が新規上場の予定ですが、12月は2日に名証セントレックスに上場した名南M&Aを含め23社に上ります。相場全体が活気づいているだけにIPOも期待が持てるでしょう」(市場関係者)

 10月29日にマザーズへ上場した人材紹介サービスのジェイックの初値は公開価格(4750円)の約2.2倍(1万320円)をつけた。3月上場の医療情報プラットフォームサービスのウェルビーの初値は何と公開価格(5200円)の約3.5倍(1万8030円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  8. 8

    安全保障を損得勘定でしか考えられない低知能の似た者同士

  9. 9

    AKB48“最後の1期生”峯岸みなみは芸能界で生き残れるのか

  10. 10

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る