検察審査会が「起訴相当」 東電・勝俣元会長が有罪になる日

公開日: 更新日:

 東京第5検察審査会が出した「起訴相当」の議決に拍手喝采が起きている。
 福島県民ら約5700人は2年前、勝俣恒久元会長(74)など東京電力元幹部ら42人を業務上過失致死傷などで告発したが、東京地検が昨年9月に出した処分は「不起訴」。検察審査会はこれをひっくり返し、勝俣元会長と、原子力担当だった武藤栄、武黒一郎両元副社長について「起訴相当」と議決をした。

 東京地検は再捜査した上で、起訴か不起訴か改めて判断するが、再び不起訴としても、検察審査会がまた「起訴相当」の判断をすれば、強制起訴されて裁判になる。

 日大教授の船山泰範氏(刑法)がこう言う。
「たくさんの被災者から生活を奪った原発事故の被害の大きさを考えれば、東京電力には重大な注意義務がある。回避措置が不十分だったというのが市民感覚です。旧経営陣の誰がいつ、どのような情報を得て、判断できる立場だったかを明らかにするうえでも検察審査会の議決には意義があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る