小池候補に“パクリ”疑惑 故・黒川紀章氏の選挙戦術と酷似

公開日: 更新日:

 ミエミエのパフォーマンス戦を展開する小池百合子候補に“パクリ”疑惑が浮上している。2007年の都知事選に出馬した世界的建築家、故・黒川紀章氏(享年73)が行った選挙戦と酷似しているというのだ。

■透明選挙カー、緑のイメージカラー、離島遊説

 象徴的なのが「選挙カー」だ。小池氏は選挙戦途中から、外から中が見える状態にした「ガラス張り選挙カー」を使用。「都政の透明化」をアピールする狙いらしいが、“元祖”は黒川氏自らデザインした「透明選挙カー」だ。

「小池氏の選挙カーを見た時、『あっ』と思いましたよ。黒川氏の選挙カーと同じだったからです。黒川氏もマスコミを車内に乗せて、外に手を振る絵を撮らせていましたが、小池氏も全く同じことをしていた。イメージカラーが緑なのも同じ。あと、離島遊説も、最初に大々的に始めたのは黒川氏です」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る