裏金疑惑が大詰め 韓国検察が狙う“ロッテ解体”の本気度

公開日:  更新日:

 韓国ロッテグループの巨額裏金疑惑が大詰めだ。

 韓国検察は1日から2日未明まで、ロッテグループ創業者、重光武雄氏(94)の長男・宏之元日本ロッテ副会長(62)を横領の疑いで事情聴取した。聴取時間は17時間を超え、今週にも再び検察に呼び出される見通し。グループ会社から勤務実態がないのに報酬約37億円を受け取った疑いだが、検察の最大の狙いはズバリ、ロッテグループの“解体”だ。

 宏之氏は韓国ロッテグループの実権を握る次男・昭夫会長(61)に経営権争いで敗れ、今は無役。なぜこのタイミングで引っ張られたのか。

「検察は7月に創業者の長女・辛英子氏を背任で逮捕したが、口が固かった。先月26日にはナンバー2の李仁源副会長が聴取当日の朝、自殺。そこで、今は外側にいるが、事情を知っている長男を次男より先に呼んで外堀を埋めようとした。“弟憎し”から何でも話すのではという期待もあった」(「コリア・レポート」編集長の辺真一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る