小池新党結成は絶望的 政治塾で2億円集めても“金欠”深刻

公開日:

 来年夏の都議選に候補者を擁立する考えを明らかにした東京都の小池知事。しかし、「資金もないのに、本当に新党を立ち上げられるのか」という声が上がっている。「小池塾」には約4000人が殺到し、ざっと会費2億円を集めた計算だが、新党結成には、まったく足りないからだ。

 地域政党を模索する「小池新党」は、橋下徹が結成した「大阪維新の会」と比較されるが、決定的な違いがあるという。

「大阪維新は現府知事の松井一郎をはじめ、自民党の大阪府議が中心となって結成されています。府議がそれぞれ後援会組織を持っていたため、イチから資金集めをする必要がなかった。ところが、小池新党には、ベースとなる政党がない。新党を立ち上げるとなれば、事務所の家賃や職員の人件費、候補者の活動資金、さらに都議選に出馬する場合、1人60万円の供託金を用意する必要が出てきます。新党結成となれば、最低5億円は必要とされています」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る