高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

欧州はバラバラ総崩れ 戦後の枠組みを潰す「分断と抗争」

公開日: 更新日:

 燃料税引き上げに端を発したフランスの抗議デモが収まらない。マクロン政権は「黄色いベスト運動」の拡大を受け、燃料税増税を棚上げしたが、抗議デモは沈静化するどころか、一段とエスカレート。一部のデモ隊は暴徒化し、凱旋門やシャンゼリゼ通りなどパリ中心部の商店街を次々と襲う事態に発展している。

 想像を絶する動きの「アンチ・マクロン大暴動」は、東京でいえば銀座や皇居前で大暴れしているようなものだ。辞任を求めるデモ隊に、マクロン大統領は対話を呼びかけているが、何を語っても事態は片づきそうもない。

 ドイツのメルケル首相は寛容な難民受け入れ策への反発から、10月の2つの州議会選挙で大敗を喫し、政権与党の党首を辞任。首相の座には3年後の任期満了までとどまる意向だが、与党内はメルケル退任後の路線を巡って分裂状態に陥り、7日に選出された親メルケル派の新党首も波乱含みのスタート。与党内がバラバラでは、極右のさらなる台頭を許しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る