高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

南北朝鮮外交で成果上げてこそ「外交のアベ」ではないのか

公開日: 更新日:

「外交のアベ」と呼ばれ、昭恵夫人とお手々つないで海外を飛び回る安倍首相だが、アルゼンチンG20ではそれなりの成果を上げたようだ。

 トランプ大統領習近平国家主席、米中両首脳と個別に会談。貿易戦争の沈静化への仲介役を買って出て、米中首脳会談での不公正慣行是正に向けた協議入りに、米追加関税の猶予と米中接近をアシストしてみせた。

 米中両首脳との“付き合い”の良さが、両国の距離を縮めるのに役立ったと言えよう。だが、外交がそんなに得意ならば、安倍首相はなぜ、自国が抱える外交問題の解決には腰が重いのか。

 日本にとって最重要課題は、まず北朝鮮の拉致問題である。拉致された人々の帰還のため、安倍首相はもっと金正恩委員長と近づいてもいい。小泉元首相が訪朝し、拉致被害者5人を帰国させてから、もう16年。その後、拉致問題は1ミリたりとも前進していない。安倍首相が北朝鮮に、どんどん踏み込んでいけば、プラスの結果がもたらされるはずだ。それなのに、最近は北朝鮮を語ることすら減っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る