宮田律
著者のコラム一覧
宮田律現代イスラム研究センター理事長

1955年、山梨県甲府市生まれ。83年、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻修了。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院修士課程修了。専門は現代イスラム政治、イラン政治史。「イラン~世界の火薬庫」(光文社新書)、「物語 イランの歴史」(中公新書)、「イラン革命防衛隊」(武田ランダムハウスジャパン)などの著書がある。近著に「黒い同盟 米国、サウジアラビア、イスラエル: 「反イラン枢軸」の暗部」(平凡社新書)。

釈然とせず…テロが疑われるサウジ皇太子と天皇陛下の会見

公開日: 更新日:

 7月2日、サウジアラビアのムハンマド皇太子は、天皇陛下と会見した。サウジ側からの願い出があったもので、陛下が即位後に外国王族と会うのは初めてのことだった。サウジアラビアには日本の皇室に対する敬意があり、天皇陛下が皇太子時代の1994年、雅子妃とともにサウジを訪問すると、熱狂的に迎えられた。サウジアラビアは20世紀に遊牧部族の首長がつくった国で、王族の歴史も日本の皇室に比べると、はるかに伝統が浅い。

 ムハンマド皇太子は、大阪で開かれたG20サミットに出席するために来日し、米国のトランプ大統領や日本の安倍首相とも会談した。6月29日に行われたムハンマド皇太子との朝食会でトランプ大統領は、サウジによる米国製武器の購入に謝意を表明し、ムハンマド皇太子が反テロ対策に多大な貢献をしたと称賛した。

 しかし、このムハンマド皇太子は、昨年10月にトルコ・イスタンブールで、サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏殺害というテロを主導したと指摘される人物である。6月19日、国連のカラマール特別報告者は、カショギ氏殺害は「ムハンマド皇太子の承諾なしには実行できない」と主張し、皇太子をはじめとするサウジ高官たちを捜査する必要があると述べた。殺害の痕跡を完全に除去した証拠もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る