宮田律
著者のコラム一覧
宮田律現代イスラム研究センター理事長

1955年、山梨県甲府市生まれ。83年、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻修了。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院修士課程修了。専門は現代イスラム政治、イラン政治史。「イラン~世界の火薬庫」(光文社新書)、「物語 イランの歴史」(中公新書)、「イラン革命防衛隊」(武田ランダムハウスジャパン)などの著書がある。近著に「黒い同盟 米国、サウジアラビア、イスラエル: 「反イラン枢軸」の暗部」(平凡社新書)。

安倍首相に“イラン戦争”への協力を促しにきたかのようなトランプ発言

公開日: 更新日:

 G20大阪サミットで来日したトランプ大統領は、28日、安倍首相との会談で「軍事、武器について協議する」と語ったが、あらためて軍事について米国の利益を最優先させる姿勢をあらわにした。そうした意図は、トランプ大統領が日米安保の破棄に言及し、またホルムズ海峡を航行するタンカーに日本や中国の自衛を求めたことにも見られた。6月13日に起きたオマーン湾でのタンカー攻撃について、米国による「イラン犯行説」をイギリスは支持したものの、イランとの緊張で米国に協力する先進国の動きはほとんど見られない。トランプ大統領の発言は、かりにイラン戦争という事態になったら、日本にも協力を促すというメッセージが込められているのかもしれない。

■ペルシア湾に米軍は不要

 そもそも、ペルシア湾岸までのシーレーンには日本のタンカーを攻撃する主体となるような国家は存在せず、タンカーに対する脅威はほとんどないように見える。あるとすれば、海賊や武装集団だが、ソマリア沖・アデン湾における海賊の発生件数は、自衛隊も参加する多国間での海上警備活動などで2018年が3件、2019年も3月までが0件と、ピークの2011年の237件と比べると激減している。海上警備活動には2009年の時点で25カ国余りが参加するなど、米軍だけの軍事力で海賊の活動を封じているわけでは決してない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

  3. 3
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  4. 4
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  5. 5
    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

もっと見る

  1. 6
    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

  2. 7
    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

  3. 8
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 9
    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

  5. 10
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」