北朝鮮がサイバー攻撃で大量破壊兵器開発費2000億円詐取か

公開日: 更新日:

 北朝鮮が神経をとがらせる米韓合同軍事演習が5日、始まった。演習に対抗した北朝鮮による追加発射に米韓両軍が警戒監視を強化する中、北朝鮮が今年5月まで3年半にわたり、各地にサイバー攻撃を仕掛け、大金を詐取していた疑いがあると、国連安全保障理事会の専門家パネルが指摘しているという。5日の朝日新聞が報じた。

 朝日によると、パネルが指摘しているのは、2015年12月から今年5月まで、少なくとも17カ国の金融機関や暗号資産(仮想通貨)交換所に35回にわたり、サイバー攻撃。最大で20億ドル(2140億円)を違法に得ていた疑いがあるという。

 朝日が入手したパネルの中間報告書によると、北朝鮮がサイバー攻撃を仕掛けた疑いのある国はインドやチリ、ナイジェリアなど多くの地域に及ぶ。朝鮮人民軍偵察総局の指示で活動する部隊が、大量破壊兵器(WMD)の開発資金調達のために実施したとみられるという。

 日本の17都府県のコンビニのATMで約18億6000万円が一斉に引き出された2016年の事件も、北朝鮮による犯行の疑いがあると言及されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  6. 6

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る