1ドル105円が“死守ライン” 日経平均2万円割れの悪夢再来か

公開日: 更新日:

 波乱の1週間の幕開け――。株式市場は身構えている。

 米中貿易戦争の深刻化により、NYダウは先週末(2日)まで4日続落した。日経平均も2日は453円安と大幅下落で引けている。

 トランプ米大統領は中国に対する制裁関税の「第4弾」を9月1日に発動すると表明した。携帯電話やパソコン、衣料品、靴など3000億ドル(約32兆円)分に10%を上乗せする。第4弾の発動により、レアアースなど一部を除き、中国から輸入する約5500億ドル分のほぼ全製品が対象となる。

■リスクオフの「円買い」が鮮明に

 中国も対抗措置を取る姿勢を示し、米中対立はますますヒートアップしそうだ。世界経済への悪影響は計り知れず、市場のリスクオフ(リスク回避)が鮮明になる。比較的、安全資産といわれる「円」は買われ、円高傾向がより顕著になっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  6. 6

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  9. 9

    マツコvsN国立花 脅迫か?ストーカーか?論争か?の先に

  10. 10

    滝クリに“日本のヒラリー”の異名 急浮上する政界進出説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る