立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。

「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

公開日: 更新日:

 2020年2月19日の衆院予算委員会で答弁に立った人事院局長の言葉に愕然とした。

「つい言い間違えたということでございます」

 観念したかのようにそう口にした松尾恵美子局長。これは立憲民主党の山尾志桜里議員が、黒川弘務東京高検検事長の定年延長について問うた時の答弁だ。検察庁法で定年が決められ、国家公務員法の定年延長は検察官には適用されないとの国会答弁が過去になされている。それを知ってか知らずか安倍総理が、解釈を変更したと言い出したから、官僚が説明する言葉を失っている。

 国会での不規則発言や「記憶にない」発言は今や珍しくないが、参考人である官僚が「言い間違えた」と発言するのはあまり見ない。何を「言い間違えた」のか? この一連の解釈変更について政府は次のような説明をしている。まず、1月17日に法務省から解釈変更について内閣法制局に相談があり、21日に「了とした」という。翌22日に法務省は人事院に相談し、24日に解釈の変更を認める回答をしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る