菅グループ官邸会合「官邸私物化」などと党内から批判次々

公開日: 更新日:

 菅首相に近い自民党の若手議員グループ「ガネーシャの会」が1日、坂井学官房副長官がまとめ役となって首相官邸で飲食を伴う会合を開いた問題で、坂井は当初、記者団に「分かれて弁当を食べた。何が問題なのか」などと開き直っていた。

 だが、これには党幹部からも「首相側近による官邸の私物化だ」「よりによって新型コロナまん延防止措置を初適用の当日に」と批判が相次いだ。

 同グループは衆院当選4回以下の無派閥議員で構成。官邸での会合には、藤井比早之内閣府副大臣や三谷英弘文部科学政務官らが出席した。

「ガネーシャ」とは、ヒンズー教の神様のひとりで、サンスクリット語で「群衆の主」を意味する。そもそも名前からして思い上がりも甚だしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る