菅政権に野党まで忖度 武田総務相不信任案は遅きに失した

公開日: 更新日:

 なぜ、このタイミングなのか。立憲民主など野党4党が31日、武田総務相に対する不信任決議案を提出。1日の衆院本会議で採決され、与党の反対多数で否決だ。

 立憲の福山幹事長は不信任の理由について、「接待問題に対し武田大臣の国会答弁は不誠実そのもの。疑惑解明に消極的な姿勢に終始し、総務行政への信頼を失墜させた」と説明。たしかに武田氏の態度、国会軽視は目に余る。

 予算審議で多くの時間が接待問題に費やされたが、武田氏は「国民が疑念を抱くような会食に応じたことはございません」と同じフレーズを繰り返し、「記憶にない」を連発。さらには答弁席に向かう総務省幹部に「記憶がないと言え」と指示するなど、傍若無人の限りを尽くした。

 不信任を突きつけられて当たり前なのだが、野党の提出は遅きに失した感がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  6. 6

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  7. 7

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  8. 8

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  9. 9

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  10. 10

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

もっと見る