「去年の冬、きみと別れ」中村文則著

公開日: 更新日:

<狂気と紙一重の過剰な愛を描く純文学ミステリー>

「あなたが殺したのは間違いない。……そうですね」

 フリーライターの「僕」は、拘置所のアクリル板ごしに、こう問いかける。相手は、女性2人を猟奇的に殺害し、死刑判決を受けた男。彼は、なぜ彼女たちを殺したのか。しかも、あんな酷いやり方で。男の内面に踏み込もうとする「僕」に、男は問いを返す。「覚悟は、ある?……」。男との心理戦は、「僕」に緊張を強いる。こうして取材を始めた「僕」は、事件の異様な世界にのみ込まれていく。

 著者は「土の中の子供」で芥川賞、「掏摸〈スリ〉」で大江健三郎賞を受賞した若手純文学の旗手。「掏摸〈スリ〉」は英訳され、ロサンゼルス・タイムズ文学賞の最終候補作にもなった。

 この書き下ろし作品で開いた新境地はミステリー。取材を進める「僕」の独白が軸になっているが、展開はひと筋縄ではいかない。読者は幾重にも仕掛けられた作者の企みに翻弄されながら、人の心の闇と向き合うことになる。過剰な愛は狂気と紙一重……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る