「去年の冬、きみと別れ」中村文則著

公開日: 更新日:

<狂気と紙一重の過剰な愛を描く純文学ミステリー>

「あなたが殺したのは間違いない。……そうですね」

 フリーライターの「僕」は、拘置所のアクリル板ごしに、こう問いかける。相手は、女性2人を猟奇的に殺害し、死刑判決を受けた男。彼は、なぜ彼女たちを殺したのか。しかも、あんな酷いやり方で。男の内面に踏み込もうとする「僕」に、男は問いを返す。「覚悟は、ある?……」。男との心理戦は、「僕」に緊張を強いる。こうして取材を始めた「僕」は、事件の異様な世界にのみ込まれていく。

 著者は「土の中の子供」で芥川賞、「掏摸〈スリ〉」で大江健三郎賞を受賞した若手純文学の旗手。「掏摸〈スリ〉」は英訳され、ロサンゼルス・タイムズ文学賞の最終候補作にもなった。

 この書き下ろし作品で開いた新境地はミステリー。取材を進める「僕」の独白が軸になっているが、展開はひと筋縄ではいかない。読者は幾重にも仕掛けられた作者の企みに翻弄されながら、人の心の闇と向き合うことになる。過剰な愛は狂気と紙一重……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード