「欧米人とはこんなに違った日本人の『体質』」奥田昌子著

公開日:

 言葉や肌の色が違うように、同じ人間であっても体質が違う。ならば、同じ生活習慣をもっていても欧米人がなりやすい病気、日本人がなりやすい病気があるのは当然。

 こうした当たり前の感覚を科学的に立証したものを集めたのが本書。例えば、「オリーブオイルを使う」「赤ワインを飲む」「ヨーグルトを食べる」などの食習慣は欧米で健康的と信じられており、日本でもそう考えている人は多いが、果たして本当なのか? 「トレーニングで筋肉を鍛えて基礎代謝をアップさせる」ということは日本でも健康常識として信じられているが、日本人に当てはまるのか? なども日本人の「体質」からみると、首をひねるものであることがわかる。

 著者は、京都大学大学院を卒業した内科医。大手化学メーカーの産業医として活躍しつつ、医学文献や論文の翻訳に携わっている。普段から国内外の最新の医学情報に接しているだけに「体質」の違いで「健康常識」が違ってくる、との考えは説得力がある。

 医学常識は日々変わるが、その基になる医学論文の多くは欧米人の手による“輸入品”。新しい情報というだけでそれに飛びつき、うのみにしてはいけない。(講談社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る