• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「欧米人とはこんなに違った日本人の『体質』」奥田昌子著

 言葉や肌の色が違うように、同じ人間であっても体質が違う。ならば、同じ生活習慣をもっていても欧米人がなりやすい病気、日本人がなりやすい病気があるのは当然。

 こうした当たり前の感覚を科学的に立証したものを集めたのが本書。例えば、「オリーブオイルを使う」「赤ワインを飲む」「ヨーグルトを食べる」などの食習慣は欧米で健康的と信じられており、日本でもそう考えている人は多いが、果たして本当なのか? 「トレーニングで筋肉を鍛えて基礎代謝をアップさせる」ということは日本でも健康常識として信じられているが、日本人に当てはまるのか? なども日本人の「体質」からみると、首をひねるものであることがわかる。

 著者は、京都大学大学院を卒業した内科医。大手化学メーカーの産業医として活躍しつつ、医学文献や論文の翻訳に携わっている。普段から国内外の最新の医学情報に接しているだけに「体質」の違いで「健康常識」が違ってくる、との考えは説得力がある。

 医学常識は日々変わるが、その基になる医学論文の多くは欧米人の手による“輸入品”。新しい情報というだけでそれに飛びつき、うのみにしてはいけない。(講談社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る