• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「生きるとか 死ぬとか 父親とか」ジェーン・スー著

 24歳で母を亡くした「私」は、母の「妻」としての顔や「女」としての生きざまを知らないことに気づいた。父についても同じ思いをしたくないと、父のことを書こうと決める。

 ある日、父が引っ越しすることをほのめかし、借りようとしている部屋を写真で見せてくれた。図面を見た私は「ぎゃあ!」と声を上げた。かなりゆったりした2LDKだ。家賃を尋ねると、父の年金より1万円ほど多い。収入がない賃貸希望者は1年分を前納する必要があり、すでに仮申し込みをしたと言う。私は気前よく「いいよ」と答えた。「いいけど、君のことを書くよ」。「いいよ」。今度は父が気前よく言った。家族を描いたユーモラスなエッセー。

(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

もっと見る