「生きるとか 死ぬとか 父親とか」ジェーン・スー著

公開日:

 24歳で母を亡くした「私」は、母の「妻」としての顔や「女」としての生きざまを知らないことに気づいた。父についても同じ思いをしたくないと、父のことを書こうと決める。

 ある日、父が引っ越しすることをほのめかし、借りようとしている部屋を写真で見せてくれた。図面を見た私は「ぎゃあ!」と声を上げた。かなりゆったりした2LDKだ。家賃を尋ねると、父の年金より1万円ほど多い。収入がない賃貸希望者は1年分を前納する必要があり、すでに仮申し込みをしたと言う。私は気前よく「いいよ」と答えた。「いいけど、君のことを書くよ」。「いいよ」。今度は父が気前よく言った。家族を描いたユーモラスなエッセー。

(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る