「トットひとり」黒柳徹子著

公開日:  更新日:

 自伝的物語「窓ぎわのトットちゃん」がベストセラーになってから30余年が過ぎて、トットちゃんの身辺は大きく変わった。家族とも思っていた大事な人、大好きな人、自分と同じにおいのする人たちが、一人また一人と亡くなった。そんな人たちの思い出を、深い愛情を込めて書いたエッセー集。子どものころから観察するのが大好きだったというトットちゃんの記憶の中から、あの人、この人の楽しくて悲しいエピソードがあふれ出す。

 ある時期のトットちゃんは、霞町で一人暮らしをしていた向田邦子さんのもとに入りびたっていた。おなかがすくと、あり合わせのもので手早くおかずをつくってごはんを食べさせてくれた。時がたち、ふと思い立って向田さんに電話をすると、台湾旅行中との留守番電話。その日のちょうどその時刻、向田さんは台湾で飛行機の上だった。

 森繁久彌さんは、最初に会ったころから、「1回、どう?」が口癖で、それが50年も続いた。老いても枯れない人だった。兄ちゃんと慕う渥美清さんは、いつも「お嬢さん」と呼んでいる妹分をよくからかった。母さんと呼んでいた沢村貞子さん、もう一人の兄ちゃん杉浦直樹さん、お姉ちゃんの山岡久乃さん。トットちゃんの周りには、優しくて、面白くて、凄い人ばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る