「夢のなかの魚屋の地図」井上荒野著

公開日:

 直木賞作家の著者によるエッセー集。

 ペンネームと思われがちの「荒野」という名は、作家だった父が名付けたという。もともとは頼まれて知人の息子のために名付けた名前だったが、彼の家族の反対で没になり、自分の娘に流用したらしい。何よりも困ったのは、「この名前には平凡な人生が似合わない」ということだったが、それこそが父が、この名前に託したことだったとも思える。と、亡き父を述懐する一文をはじめ、夫との日々、そして体調を崩していた母がある魚屋との出会いで元気を取り戻した話(「表題作」)など。デビューした28歳から24年分の作品を収録する。(集英社 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る