「夢のなかの魚屋の地図」井上荒野著

公開日: 更新日:

 直木賞作家の著者によるエッセー集。

 ペンネームと思われがちの「荒野」という名は、作家だった父が名付けたという。もともとは頼まれて知人の息子のために名付けた名前だったが、彼の家族の反対で没になり、自分の娘に流用したらしい。何よりも困ったのは、「この名前には平凡な人生が似合わない」ということだったが、それこそが父が、この名前に託したことだったとも思える。と、亡き父を述懐する一文をはじめ、夫との日々、そして体調を崩していた母がある魚屋との出会いで元気を取り戻した話(「表題作」)など。デビューした28歳から24年分の作品を収録する。(集英社 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る