• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猫のいる日々」大佛次郎著

 常時15匹以上、生涯に500匹以上の猫と暮らした愛猫家の文豪がつづった猫にまつわるエッセーや小説、童話などを編んだ作品集。

 自分が死の床についている姿を夢想し、そのときに猫がどうふるまうかを考えながら、来世というものがあるのならば「そこにも此の地球のように猫がいてくれなくては困る」と猫を愛する理由を語る「黙っている猫」をはじめ、インドシナから船と汽車を乗り継ぎやってきたシャム猫を仕事を休んで出迎えた日を描く「新しい家族」、去勢手術のために預けた病院を脱走した猫のその後をつづった「白ねこ」など。猫への愛に満ちた60余編を収録。

(徳間書店 680円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る