「猫のいる日々」大佛次郎著

公開日: 更新日:

 常時15匹以上、生涯に500匹以上の猫と暮らした愛猫家の文豪がつづった猫にまつわるエッセーや小説、童話などを編んだ作品集。

 自分が死の床についている姿を夢想し、そのときに猫がどうふるまうかを考えながら、来世というものがあるのならば「そこにも此の地球のように猫がいてくれなくては困る」と猫を愛する理由を語る「黙っている猫」をはじめ、インドシナから船と汽車を乗り継ぎやってきたシャム猫を仕事を休んで出迎えた日を描く「新しい家族」、去勢手術のために預けた病院を脱走した猫のその後をつづった「白ねこ」など。猫への愛に満ちた60余編を収録。

(徳間書店 680円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る

人気キーワード