「猫のいる日々」大佛次郎著

公開日:  更新日:

 常時15匹以上、生涯に500匹以上の猫と暮らした愛猫家の文豪がつづった猫にまつわるエッセーや小説、童話などを編んだ作品集。

 自分が死の床についている姿を夢想し、そのときに猫がどうふるまうかを考えながら、来世というものがあるのならば「そこにも此の地球のように猫がいてくれなくては困る」と猫を愛する理由を語る「黙っている猫」をはじめ、インドシナから船と汽車を乗り継ぎやってきたシャム猫を仕事を休んで出迎えた日を描く「新しい家族」、去勢手術のために預けた病院を脱走した猫のその後をつづった「白ねこ」など。猫への愛に満ちた60余編を収録。

(徳間書店 680円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る