「母の恋文」下重暁子著

公開日:  更新日:

 ベストセラー「家族という病」で、母親の自分に対する執着や父親との確執を明かし、家族との関係を見つめ直した著者。その後、母が結婚前に陸軍の武官として中国に赴任中の父と交わした手紙が見つかったという。その手紙を紹介しながら、知られざる両親の関係と、家族について改めて考えたエッセー。

 両親はともに再婚で、母の叔父の紹介で結婚が決まったが、文通が始まったときにはまだお互いに会ったこともなかった。母は死別した前夫との結婚生活をはじめ、包み隠さず手紙にしたため、文通を重ねるごとにまだ見ぬ夫への思いを募らせていく。そんな情熱的な母の手紙に戸惑いながらも、著者は自分が母の強い意志のもとで生まれてきたことを知る。(KADOKAWA 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

もっと見る