「母の恋文」下重暁子著

公開日:  更新日:

 ベストセラー「家族という病」で、母親の自分に対する執着や父親との確執を明かし、家族との関係を見つめ直した著者。その後、母が結婚前に陸軍の武官として中国に赴任中の父と交わした手紙が見つかったという。その手紙を紹介しながら、知られざる両親の関係と、家族について改めて考えたエッセー。

 両親はともに再婚で、母の叔父の紹介で結婚が決まったが、文通が始まったときにはまだお互いに会ったこともなかった。母は死別した前夫との結婚生活をはじめ、包み隠さず手紙にしたため、文通を重ねるごとにまだ見ぬ夫への思いを募らせていく。そんな情熱的な母の手紙に戸惑いながらも、著者は自分が母の強い意志のもとで生まれてきたことを知る。(KADOKAWA 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る