「選べなかった命」河合香織著

公開日:  更新日:

 田中光は4人目の子供を妊娠したとき、羊水検査は陰性だと言われて安心して出産したが、生まれた子・天聖はダウン症だった。医師は自分のミスを認めた。天聖をかわいいと思えないと光は自分を責めたが、一過性骨髄異常増殖症で苦しむ天聖の姿に、この子ががんばるのは生きたいからだと気づく。

「私たちのもとに帰って来て、我が家で過ごしたいからなんだ」。3カ月半で天聖は死んだ。生存中から、ミスをした医師に訴えを起こしてほしいと言われていた。だが、慰謝料は両親に対するもので、3カ月半苦しんだ天聖に対するものではなかった。

 出生前診断をめぐって起こされた裁判を通して、命の選別の是非を問うノンフィクション。

 (文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る