「出生前診断」河合蘭氏

公開日: 更新日:

 出生前診断とは、妊娠中の胎児に病気や障害があるか調べる検査のこと。

「通常の妊婦健診で行われる超音波検査も出生前診断のひとつです。胎児に病気が見つかったら、出産後すぐに投薬や手術ができる分娩施設に転院するなど、本来は治療が目的ですが、病気がわかったことで中絶につながることもある大きな問題を抱えています」

 本書は、出生前診断の現状と、ジレンマに悩む人々を徹底的に取材している。

 半世紀前から行われている羊水検査は、妊婦のお腹に針を刺すため流産率0.3%とリスクが大きかった。1990年代に導入された母体血清マーカー検査は、妊婦の採血のみで調べられるため、リスクが激減。

 だが、確率しかわからず妊婦が混乱したり、世間ではダウン症の子は生まれてはいけないのかと議論にもなり、国は「妊婦に検査の存在を知らせる必要はない」との見解を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  7. 7

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  8. 8

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  9. 9

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る

人気キーワード