「出生前診断」河合蘭氏

公開日: 更新日:

 出生前診断とは、妊娠中の胎児に病気や障害があるか調べる検査のこと。

「通常の妊婦健診で行われる超音波検査も出生前診断のひとつです。胎児に病気が見つかったら、出産後すぐに投薬や手術ができる分娩施設に転院するなど、本来は治療が目的ですが、病気がわかったことで中絶につながることもある大きな問題を抱えています」

 本書は、出生前診断の現状と、ジレンマに悩む人々を徹底的に取材している。

 半世紀前から行われている羊水検査は、妊婦のお腹に針を刺すため流産率0.3%とリスクが大きかった。1990年代に導入された母体血清マーカー検査は、妊婦の採血のみで調べられるため、リスクが激減。

 だが、確率しかわからず妊婦が混乱したり、世間ではダウン症の子は生まれてはいけないのかと議論にもなり、国は「妊婦に検査の存在を知らせる必要はない」との見解を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

もっと見る