「生きものとは何か」本川達雄著

公開日: 更新日:

 ベストセラー「ゾウの時間 ネズミの時間」の著者による若者向け生物学入門講義。

 生物の最大の特徴は、続いていくことだという。地球上のさまざまな生物は、38億年前に最初に誕生したものの直系の子孫だとされている。38億年の間、「全球凍結」や巨大隕石の衝突など、何度も存続の危機に見舞われながら、死に絶えることなく続いてきたのが生物の歴史である。体が精巧・複雑・繊細にできている生物が、これほどまで続いていくには特別な仕掛けが備わっていると考えざるを得ないと、その仕掛けの正体を建物を例に解説。

 その他、著者が行っている「生き物は円柱形」という小学校での出前授業をもとに生物の形について考察するなど、生物の本質について解き明かす。

 (筑摩書房 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る