• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「クマムシ博士の「最強生物」学講座」堀川大樹著

<生物たちの特殊能力>

 地上最強といわれる「クマムシ」をはじめ、さまざまな極限動物たちの常識破りの生態を解説した科学エッセー。

 体長が0.1~1ミリほどのクマムシが最強と呼ばれるのはなぜか。周囲に水がなくなると仮死状態になり、100度の高温から零下273度の低温、ヒトの致死量の1000倍に相当する線量の放射線、アルコールなどの有機溶媒、そして真空までさまざまな種類の状況に耐えられるからだ。著者が専門とするこのクマムシの生態とその研究の内容をはじめ、げっ歯類の中では極端に寿命が長いハダカデバネズミなど、生き物たちが備えた特殊能力の秘密に迫る。
(新潮社 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る