• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「生物はウイルスが進化させた」武村政春著

 ウイルスは人に害を与える厄介者のイメージがある。しかし、最近はその常識が覆され、「ウイルスは生態系になくてはならない恩人である」という構図もでき始めているという。そのキッカケが巨大ウイルスである「ミミウイルス」の発見なのだそうだ。

 著者は東京理科大学理学部第一部教授の生物学者。ミミウイルスを見つめることは「生物とは何か」「ウイルスとは何か」など根源的な問題をコペルニクス的な転回を余儀なくされる可能性を秘めている、と主張する。いまや病気の多くは感染症などによる慢性炎症が原因といわれるだけに、ウイルスの正体と人体内での働きを知ることは興味深い。(講談社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る