「生物はウイルスが進化させた」武村政春著

公開日: 更新日:

 ウイルスは人に害を与える厄介者のイメージがある。しかし、最近はその常識が覆され、「ウイルスは生態系になくてはならない恩人である」という構図もでき始めているという。そのキッカケが巨大ウイルスである「ミミウイルス」の発見なのだそうだ。

 著者は東京理科大学理学部第一部教授の生物学者。ミミウイルスを見つめることは「生物とは何か」「ウイルスとは何か」など根源的な問題をコペルニクス的な転回を余儀なくされる可能性を秘めている、と主張する。いまや病気の多くは感染症などによる慢性炎症が原因といわれるだけに、ウイルスの正体と人体内での働きを知ることは興味深い。(講談社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る