「生物はウイルスが進化させた」武村政春著

公開日:

 ウイルスは人に害を与える厄介者のイメージがある。しかし、最近はその常識が覆され、「ウイルスは生態系になくてはならない恩人である」という構図もでき始めているという。そのキッカケが巨大ウイルスである「ミミウイルス」の発見なのだそうだ。

 著者は東京理科大学理学部第一部教授の生物学者。ミミウイルスを見つめることは「生物とは何か」「ウイルスとは何か」など根源的な問題をコペルニクス的な転回を余儀なくされる可能性を秘めている、と主張する。いまや病気の多くは感染症などによる慢性炎症が原因といわれるだけに、ウイルスの正体と人体内での働きを知ることは興味深い。(講談社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る