クリスタルキング メンバー脱退騒動と商標権訴訟

公開日: 更新日:

<1986年3月>

 高音の田中雅之(当時・昌之)、低音のムッシュ吉崎のツインボーカルを擁し、「大都会」を筆頭にヒット曲を連発したクリスタルキング。86年3月、田中(当時34)が半ばケンカ別れするような形で独立してしまう。この独立騒ぎはその後、紆余(うよ)曲折を経て最終的には「クリスタルキング」の商標権を争う訴訟にまで発展した。

 脱退の理由はよくあるメンバー間の方向性の違いだった。田中は「クリスタルキングはあくまでも自作自演が大前提。でも、僕はグループ以外の人が作った曲でもいいんじゃないかと思ってね」と語った。「クリスタルキング」の方向性やハイトーンのボーカルというバンド内での役割のために自身が歌いたいロックが歌えなかったという。

 ソロ転向後の87年3月にリリースしたアルバム「クロスロード」では高音のシャウトはほとんど聞かれなかった。田中は「意識的にシャウトしないようにしたんです。いつまでもクリキンのボーカルだと見られるのはイヤですからね」と心境を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る