クリスタルキング メンバー脱退騒動と商標権訴訟

公開日:  更新日:

<1986年3月>

 高音の田中雅之(当時・昌之)、低音のムッシュ吉崎のツインボーカルを擁し、「大都会」を筆頭にヒット曲を連発したクリスタルキング。86年3月、田中(当時34)が半ばケンカ別れするような形で独立してしまう。この独立騒ぎはその後、紆余(うよ)曲折を経て最終的には「クリスタルキング」の商標権を争う訴訟にまで発展した。

 脱退の理由はよくあるメンバー間の方向性の違いだった。田中は「クリスタルキングはあくまでも自作自演が大前提。でも、僕はグループ以外の人が作った曲でもいいんじゃないかと思ってね」と語った。「クリスタルキング」の方向性やハイトーンのボーカルというバンド内での役割のために自身が歌いたいロックが歌えなかったという。

 ソロ転向後の87年3月にリリースしたアルバム「クロスロード」では高音のシャウトはほとんど聞かれなかった。田中は「意識的にシャウトしないようにしたんです。いつまでもクリキンのボーカルだと見られるのはイヤですからね」と心境を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る