• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

忌野清志郎 160万円の自転車オレンジ号盗難事件

<2005年9月>

 高いメッセージ性を持つヒット曲を連発したロックシンガーの忌野清志郎。自転車ライダーとしても有名で、プロ仕様の特注自転車をツーリングや仕事の移動に駆使していた。しかし、05年9月に愛車オレンジ号が盗まれる騒ぎが起きる。

 忌野がサイクリングに目覚めたのは01年、50歳の時だった。きっかけは00年暮れの山形での雪崩のニュース。生き埋めになった息子を10キロの雪道を歩いて、自力で助け出したおじいさんの話を聞いた清志郎は「いざというときに自分の子どもを助けられる体力を持たねば」と考え、鹿児島に住む友人の所まで歩く計画を立てた。

 しかし、徒歩だとつい電車に乗ってしまうこともあるため、思いついたのが自転車。01年4月の誕生日にレーシングタイプの自転車を入手し、半年間トレーニング。9月には東京から鹿児島までの10日間の旅に出た。全走行距離は実に1422キロ。50歳になるロック界のカリスマのロングツーリングに周囲はビックリした。サイクリングの魅力に取りつかれ、愛車を「相棒」と呼び、ツーリングや大会だけでなく仕事の長距離移動にも使うようになった。到着時間が読めず、どの辺を走っているかもわからないため、仕事場で待つ付き人がプレッシャーを感じる場面もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る