猛反対されながら頬の膨らみを取った宍戸錠

公開日: 更新日:

<2001年3月>

 2月4日に家が全焼して大騒ぎになった宍戸錠(79)。かつてのトレードマークはぷくっと膨らんだ頬だったが、この頬は生まれつきのものではなく、整形手術によるものだった。しかし、01年3月、彼は再整形し、頬を元に戻す。

 3月12日、大阪の総合病院・北野病院の外科副部長が記者会見を行った。「手術はほぼ予定通り。無事終了して、経過は順調です」と語った。この会見直前には、宍戸錠が44年10カ月前に頬に注入した、もともと液状のパラフィンである「オルガノーゲン」を摘出する手術が行われていたのであった。

 この時、67歳。著書「シシド 小説・日活撮影所」によれば「シシドの顔はもう飽きた。ふくらんだ顔をしぼませて、古顔(オールドジョー)になりたい」という心境だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  6. 6

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る