• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

婚前米国旅行からわずか3カ月で破局した梶芽衣子

<1974年1月>

 1月9日夜、羽田空港に大勢の記者とカメラマンが詰めかけていた。午後7時30分、ロサンゼルスからのJAL61便が1時間半遅れで到着。まもなくロビーに梶芽衣子(当時26)が姿を現すと、一斉にカメラのフラッシュがたかれた。
「あんたたちナニよ!」と金切り声を上げる梶に「ラスベガスで結婚式を挙げたんですか」と質問が飛んだ。

 梶は「冗談じゃないわ」と言い残して事務所が用意していたクルマに乗り込んだ。

 その5分後、梶の恋人と噂される大手レコード会社のディレクターI氏(同33)が現れた。今度は逃がさないとばかり、記者たちはスクラムを組んで“とおせんぼ”した。記者のひとりから羽交い締めにされたI氏は「オレたちは婚約も結婚もしていない」と叫んだ。

 梶とI氏が米国で挙式したとの情報が流れたのは前夜。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る