婚前米国旅行からわずか3カ月で破局した梶芽衣子

公開日: 更新日:

<1974年1月>

 1月9日夜、羽田空港に大勢の記者とカメラマンが詰めかけていた。午後7時30分、ロサンゼルスからのJAL61便が1時間半遅れで到着。まもなくロビーに梶芽衣子(当時26)が姿を現すと、一斉にカメラのフラッシュがたかれた。
「あんたたちナニよ!」と金切り声を上げる梶に「ラスベガスで結婚式を挙げたんですか」と質問が飛んだ。

 梶は「冗談じゃないわ」と言い残して事務所が用意していたクルマに乗り込んだ。

 その5分後、梶の恋人と噂される大手レコード会社のディレクターI氏(同33)が現れた。今度は逃がさないとばかり、記者たちはスクラムを組んで“とおせんぼ”した。記者のひとりから羽交い締めにされたI氏は「オレたちは婚約も結婚もしていない」と叫んだ。

 梶とI氏が米国で挙式したとの情報が流れたのは前夜。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る